ジュウキュウテンハチ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
本を読むヒト。
旅行しようとしてたがタイミングを合わせられずにいる。夏にはもう無理かと諦め、残り2、3日の休みは読書して過ごそうと思う。本は前から気になってた吉岡徳仁さんのみえないかたちにした。彼の生み出す、限りなく自然でどこまでも手をかけられたものたち。それがどんな思考のもとにあるのか覗いて見たくて選んだ。

本好きというよりどちらかというと紙好きなので本を買うけれど、読むことは大学入ってからなぜか離れがちになっていたがまた時間を作っていけたら良い。そういえば図書館からも足が遠のいていたな。今の自分はどうしても言葉というものにきちんと触れておきたい、というか必要なんだ。
Kinema.Book. comments(0) trackbacks(0)
THE TREE OF LIFE
201108_sora


ツリーオブライフを見てきた。

抽象的な映像がとにかく美しかった、しかし語りが極端に少ない。心理描写、信仰心、価値観、精神的なものを言葉ではなく映像に物語らせる。宗教的知識とかが全くないと約140分は長過ぎるかもしれない。相反する価値観が溢れ衝突する世界の中での生きづらさ。主人公の切実な叫びのような。

私の場合、上辺だけで意味を深く理解こそ出来なかったものの、淡々と映画をみた感覚が久々で心地よかった。娯楽ではないこういうのって最近少ないから。
あと、この映画で感じる海外の思想がよくわかんないって感覚と海外からみた日本の分かりづらさって似てるんじゃないかと思った。
Kinema.Book. comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |